共働きで家事がめんどくさいなら宅配弁当は全然アリです!むしろストレスも減りオススメです。

共働きで家事がめんどくさいなら宅配弁当は全然アリです!むしろストレスも減りオススメです。

わが家は夫婦共にフルタイムで働いている共働き世帯なのですが、やはり夫婦間で問題になるのが家事です。(汗)

仕事が定時で終わったとしても家に着くのは18時半~19時くらい。帰りに食材などを買いにスーパーなどに寄るとプラス30分。
お風呂に入って(わが家では帰宅したらまずお風呂に入ります。)、料理して、食事して、後かたずけをして洗濯などしているとあっという間に22時くらいです。

残業した日にはさらにその時間だけ後ろ倒しに!

「あ~、家事めんどくさ~い。もう寝る時間じゃないか!」となり全く自分の時間が取れません。(涙)
同じような方多いのではないのでしょうか・・・?

家事の時間を減らす方法はいくつもあると思います。

例えばドラム式洗濯機を使って乾燥まで任せることで干す手間を無くす、食洗器を使って洗いものの時間を無くすなどですね。
ただ、買換え(購入)費用が掛かったり、設置場所の問題が発生したりしますよね。

あとは料理の作り置きなどの方法もあると思うのですが、わが家では向いていませんでした。(汗)
一度やってみたのですが続かないし、メニューが同じものばかりになって飽きてしまう・・・。

そこで申し込んだのが宅配弁当サービスです。

nosh(ナッシュ)定期宅配弁当サービス

うちが利用している宅配弁当サービスがナッシュです。
宅配弁当サービスを検討したことがある方なら知っているかもしれません。

メインとパン、デザートを合わせると70品近いメニューから自由に組み合わせて注文することが出来ます。

糖質(30g以下)や塩分(2.5g以下)を抑えたメニューを揃えており、ダイエットや健康を気にしている方にもオススメ出来ます。

ナッシュのメリット

まずメリットを紹介します。

圧倒的な時短効果

最大で20食分を1度に注文出来るので、夫婦共働きで昼食を外で済ませるとした場合、月曜日から金曜日の平日5日分の朝食と夜ご飯はナッシュのお弁当でカバーすることが出来ます。

特に朝食って時間も無いので買置きしている総菜パンや菓子パンだけで済ませることって多くないですか?
わが家は多いです。(笑)

ただ、朝食をちゃんと取らないと「大蠕動」が起こらず便秘になりやすそうです。
大蠕動というのは腸が動くことによって便を押し出す動きです。

これは1日に数回しか起こらず、朝食を摂った後が1番起こりやすいとのこと。
しかし、朝食の量が十分でないと起こりにくいため便秘に繋がるみたいです。

ナッシュを利用するようになり、朝食も十分な量摂るようになったためか確かに便秘は起こりにくい気がします。

話がそれましたが、ナッシュを利用することにより朝食と夜ご飯の準備時間(買い出しや調理時間など)、そして片付けの時間を省くことが出来ます。

わが家を例に上げると、毎日平均2時間くらいの時短になっています。
うちの場合は食材を大量に買い込んで置くとフードロスが起こってしまいがちなので、必要な分だけ買うことにしているため、買い出しの時間が無くなったことも大きい!

ちなみに弁当でいいなら「オリジン」や「ほっともっと」という選択肢もありますが、結構お客さんいるんですよね・・・。
特にオリジンは長い時で注文してから30分以上待たされたことがあります。
あの時は立ち寄ったことを凄く後悔しました。(笑)
日によりけりとは言え、折角簡単にお弁当で済ませようと思ったのに、思った以上の時間を取られると損した気分になりませんか・・・。(涙)
出来合いの弁当を買って帰る方法もありますが、出来合いはそもそも種類が少ないですからね。

メニューを選ぶ時間、調理を待つ時間を考慮すると宅配弁当の方が結果として時短になると思います。

食器不要はホントに素晴らしい

片付けの時間を省くことが出来ると書きましたが、ナッシュは1食分ごとに分けられた紙製パッケージで届けられます。

そのまま電子レンジで温めることができ、食べた後は燃えるゴミとして廃棄出来るので食器類が全く要りません。

なお、ナッシュのお弁当にはご飯(お米)は付いてきません。なので、ご飯やパンが必要であれば自分で用意する必要があります。

その時は別で食器が必要になるのですが、うちの夫はパッケージの蓋の部分を使っています。(汗)

賛否あるかもしれませんが、解凍したご飯を右の蓋の部分に乗せるのです。(笑)
たしかにこの方法なら全く食器が要りません。

蓋が本体に付いたままだと食べにくいようで、上のように切り離しています。
蓋の付け根にはわずかな切れ目が等間隔に入っているので、手で切れないことも無いですがパッケージが結構しっかり作られているのでハサミを使った方が楽です。

ちなみに私は糖質をコントロールしているため、基本的にはナッシュだけを食べています。
ご飯が欲しい時は夫の分から少し拝借。(汗)

飽きにくい

自分で食事を作った場合、メニューがローテーションになることは皆さんご経験済みだと思います。(笑)
新しい料理を増やすことってなかなか難しいんですよね。

ナッシュでは42品以上の主菜が揃っていますので、同じ料理ばかりという状況になりません。

しかも、1週間に最低2品以上は新しいメニューが追加されていき、評判の良くないメニューは廃盤となります。
つまり美味しいメニューのみ残っていく仕組みになっているのです。

また、料理のジャンルごとにシェフを雇っているとのこと。
和食は和食専門のシェフ、中華は中華専門のシェフといった感じですね。

糖質や塩分、カロリーコントロールが楽

ダイエットなどで栄養素をコントロールしたい場合にも非常に助かります。

チキン系の料理はたんぱく質が豊富なのでジムに通っている夫はチキンをメインに注文しています。
チキン系の料理は1食あたり、たんぱく質が大体30~40gです。

 

 

 

表には糖質、塩分、カロリー、そして温め時間の目安が表記されています。
裏には詳細な材料名、たんぱく質などのその他栄養素ですね。

アレルギー食材や苦手な食材を自動で省いてくれる

「食材フィルタ」という機能があり事前に登録しておけば、該当の食材が含まれた料理を次回以降、カートから自動削除してくれます。

ただし、ユーザー自身が選択した場合はそのまま配送されるので注意です。

配送間隔が変更可能

必ず「週1の配送」ではなく、1週間~3週間の間隔で設定が可能です。
うちでは2週間に1回で配送してもらっています。

簡単に配送がスキップできる

ナッシュはかんたんに配送をスキップ出来ます。

「来週届く予定だけどまだ前回頼んだ分が残ってるなぁ」とか、「来週は旅行(もしくは出張)に行ってるから要らないなー」という場合でも、サイト上の配送スケジュールから該当の週の配送をスキップ設定すればOKです。

もちろん料金も請求されません。

メニューは「おまかせ」と「自分で選択」が選べる

メニューを選ぶのがめんどくさい時は「おまかせ」にしておけば勝手に選んで届けてくれます。
食材フィルタを掛けている時は、もちろんその食材は除いてくれます。

自分で選択している場合は、メニューを変更しない限り毎回同じメニューが届けられます。
自分でメニューを変更しなかった場合、気に入らなかったメニューも再度届くので注意してください。

配送日時を細かく設定可能

 

配送日時は細かく設定可能です。
曜日は日曜から土曜の全てを選択可能。
時間帯は午前中、14時~16時、16時~18時、18時~20時、19時~21時で選択出来ます。

冷凍食品なので宅配BOXを使えませんからね。
受け取れる日時を設定しましょう。

デメリット

次にデメリット。

継続期間が長く、注文数が多い方がお得

デメリットというか、どんなサービスも似たような感じだと思うのですが、長くサービスを利用していて一度の注文が多い方が1食あたりの金額がお得です。

ナッシュにはランクがあり、上画像がランク表です。
累計で80食購入するとダイヤモンドランクとなり最大割引率である12%が適用されます。

ちなみに値段は税抜きです。

配送料が別途かかる

これは結構なデメリットだと個人的には思います。
送料込みで値段据え置きにした場合、何かをコストカットしなければならないため、質を維持するためにはしょうがないのかもしれませんが、知らずに注文してしまうと「あれ、なんか高い・・・?」と思ってしまうユーザーも出てきそうです。

なお10食の場合は1,056円、20食の場合は1,276円が送料として請求されます。(2020年12月現在)

このことからも一度に大量に頼んだ方がお得ですね。

とは言え、企業努力で10食以上・・・いや、せめて20食以上は配送料無料にしてほしいところです。何卒、なにとぞ!

解凍時、食材から水分が多く出すぎるメニューがある

メニューによっては解凍時に食材が水分が出すぎてしまって、味が薄くなるものがあります。
特にきのこが使われたメニューにその傾向が多いような気がします。

もしそういったメニューを頼んでしまった場合は、次回以降選択肢から外すか改善要望をナッシュに出すと良いと思います。

そして、そのようなメニューを頼んでしまった場合、私はとりあえずの対応として余分な水分は捨てています。
カップ焼きそばの湯切りみたいな感じで。(笑)

まとめ

メリット、デメリットそれぞれ書いてきましたが、夫婦共働きで何とかして家事の時間を減らしたい方はもちろん、「健康を気にしている人」や「ダイエットしている人」、「ジム通いしている人」など多くの人にオススメ出来るサービスかと思います。

最低6食から注文することが出来るので、これまで気になっていた方はもちろん、この投稿を見て気になった方もお試しされてはいかがでしょうか。